離婚協議書 離婚公正証書

離婚協議書・公式証書作成・離婚財産分与専門サイト 離婚協議書・離婚公正証書作成サポート 柳田行政書士事務所 TEL03-3726-7536

離婚へのファーストステップ

離婚財産分与 離婚協議書・離婚公正証書 トップページ > 離婚へのファーストステップ


まず考えることは離婚後の生活設計…そしてルール作り

「離婚をする」ということは
今まで夫婦でまかなってきた生計を別にする、ということです。
離婚をするためには、経済的自立と精神的自立が不可欠です。

女性からの相談で、離婚後も夫に生活費を払って欲しいというものがあります。
離婚の基礎知識の中でも説明していますが、働くことが可能な方は
まず、ご自身で生計を立てていくことを考えましょう。

多額のローンが残る不動産を所有している場合、どのような方法で精算すべきか
今後の自分たちの生活設計に合っているかどうかをポイントに冷静に考えましょう。

女性が結婚を機に退職する理由は人それぞれです。
同じ会社に勤めていて、どちらかが辞めなければならなかった場合もあるでしょう。
夫の転勤についていくために退職した人もいるでしょう。
どのような理由から、経済力に差が生じているのかを考えてみましょう。

 (当事務所では、様々な理由から妻が再就職するまでの間、生活費をサポートしよう
 という気持ちを持っている男性からのご相談・ご依頼が増えています)



生活設計について検討したあとは、「ルール」を決め、カタチにしましょう。

離婚をするために必要なお金の精算、将来にわたる子どもとのかかわり方について
お互いに協議を尽くすことができ、ルールを守る信頼関係があれば書面は必要ないでしょう。
そのような離婚のカタチがどんどん増えてくれることを切に望んでいます。

ですが、信頼関係があれば離婚はしない…という方が多いことと思います。
特に、離婚をすることには合意があっても、財産のことで調整ができない場合があります。
円滑な協議が進まないと、信頼関係はどんどん崩れてしまいます。

円満な解決方法の1つに、支払う義務をもつ方から、積極的に「書面」にすることを提案・実行
するという方法があります。
「書面にする」と提案することは誠意のあらわれと受け取られます。

また、離婚協議書・離婚公正証書の作成は、支払う義務を持つ方にとって「不利だけ」なもの
ではありません。
まず、協議の結論を書面化することで、紛争の蒸し返しを予防することができます。
この利点は非常に大きいのです。
そして、離婚協議書・離婚公正証書を作成する過程で専門家を介するメリットとして
「正しい知識」を得ることができます。

適正な精算方法、適正な養育費の額・面接交渉のあり方をぜひ知ってください。

当事務所は、一方に有利な書面を作ることは決してすすめません。
お二人共がより幸せになるためのサポートをすることを信条としています。

 ルール作りの心構え 〜強制より共生を〜
離婚公正証書を作成するメリットは、離婚時に約束した慰謝料・財産分与・養育費など
金銭の支払いを怠った相手方に、裁判を経ることなく強制執行をすることができる点です。
養育費の未払いが問題になっていることを受けて、この強制執行認諾条項付公正証書を
作成する方々が増えています。

ですが、例えば、支払い義務者の生活水準より高額な養育費を支払うことを約束してしまった
場合はどうなるでしょう?
この場合、調停→裁判で養育費の額を再検討することになり得ます。

ルール作りのポイントは、広い意味で、離婚後も共に生きていくことを意識し選択することです。

 バツイチではなく星1つ 〜卒婚を目指そう〜
今まで離婚の相談を受けてきて、ほぼ全員の方がおっしゃる言葉は
「まさか自分が離婚することになるなんて」です。
現在、離婚協議中の方々もそう思っていらっしゃるのではないかと思います。
「離婚」という言葉は、マイナスイメージですか?
それなら、「卒婚」(夫婦を卒業)という言葉を使って向き合ってみませんか?

また、バツイチという言葉もマイナスイメージですよね。「バツ」ですから…。
「バツ」から「星」に変えられるかどうかは、今、どのようにするかで決まります。
完了させなければ新しい芽は生まれません。
ぜひ、「卒婚」を目指しましょう。
〜卒婚のススメ〜
辛い経験を乗り越えることができたとき
恨みや憎しみを手放すことができたとき
今ここにあるあなたの苦しみは
耀く財産に変化します。

「そこからの学びは何ですか?」
魔法の質問個人セッションより
詳しくはこちら→


ご案内メニュー

電話相談・魔法の質問
個人セッション実施中
詳しくはこちら

Copyright (c) 離婚財産分与 離婚協議書・離婚公正証書作成サポート. All rights Reserved.
離婚財産分与 離婚協議書・離婚公正証書作成代行 手続き 女性行政書士が東京 日本全国 海外在住者まで応対
当サイトは、柳田行政書士事務所が運営しています。
ページの先頭へ